筋トレ初心者の為の自宅で出来るエクササイズ

『The First Stage』トップページ

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

筋トレ初心者の為の

自宅で出来るエクササイズ

サイトマップ

 

【運営者情報】

 

 

ようこそ

『The First Stage』へ

 

ファーストステージ

 

 

 

皆さんは何故
筋トレを始めようと思ったのでしょうか?

 

・たくましい体になりたいから

 

・ダイエットを始めようと思っているから

 

・体力の衰えが気になるから

 

・部活や体育での成績を上げたいから

 

・運動機能を取り戻したいから

 

・出産に向けて体力をつけておきたいからetc.

 

 

人によって様々な理由や動機が
お有りなのかと思います。

 

ただ、如何なるケースであっても
これから筋トレを始めていく上で
共通して言えるのは
継続は力なりという事です。

 

せっかくやり始めた自己改革も
途中で投げ出してしまっては、
時間やお金の無駄となり
更には成功できない自分に対して
嫌悪感を抱く事にもなりかねません。

 

新しい事にチャレンジする時に
目標や目的に対する明確なイメージを持つ事は大切ですが、
それ以前に重要なのは
初めから
あまりに高すぎる難易度設定をしない

という事
です。

 

途中で心が折れてしまったり、面倒くさくなってしまわないように
自身の肉体精神と向き合いながら
どうか余裕のある筋トレ生活を送っていただければと思います。

 

 

今日からあなたもトレーニー

(トレーニングをする人の事)

 

ファーストステージ

 

 

それでは早速、始めていきましょう!

 

とは言え何をやればいいのか・・・。

 

一概に『筋トレ』と言っても
年齢、性別、体力差
それぞれの目的によって
その方法が変わってくる
のは
当然の事ですよね。

 

でもちょっと待ってください。

 

ここではその考えを
一旦忘れてしまいましょう!

 

 

と言うのは
筋トレが習慣化されていない段階では
あまりアレコレと考える必要はない
という事で
特に筋トレ初心者低体力者
また長期の運動ブランクがある方の場合、
長年筋トレを続けている人に比べ
どんなやり方やフォームであっても
筋肉というものは刺激を受けやすく

早い段階で成長しやすい

という傾向にあるんです。

 

例えば
プッシュアップ
(腕立て伏せ,膝(ひざ)を曲げてもOK)
毎日1〜3回

 

シットアップ
(腹筋運動,起き上がれる範囲でOK)
3〜5回

 

スクワットを5〜10回といったように、
誰にでも無理なく取り組めるレベルの
メニューで十分だという事です。

 

とにかく
始めのうちはあまりハードルを上げず
日々の成功を感じながら

土台となる基礎的なメンタル(精神面)と

フィジカル(肉体面)の強化を行い
今のご自身に出来る範囲で

『筋トレの習慣化』

目指していただけたらと思います。

 

 

 

次のステップへはこちらから